水素水の人気ランキングと選び方

水素水の人気ランキングと選び方

このブログでは「水素水」「水素生成器」など水素水に関する人気ランキングや選び方、おすすめの水素水を紹介しています。その前に水素水を初めての方は水素水について簡単にどんな効果があるのか?どうして水素水を飲む必要があるのか?水素水について知ってから御覧ください。もうすでに水素水については知っているよ。って方はそれぞれの水素水についてご覧くださいね。

 

水素水の人気ランキングと選び方の目次

 

 

水素水って何?

年々健康志向も高まり、よく耳にする事が増えた水素水。水素水は水の中に水素がたくさん溶けたもののことで、例にあげると砂糖水や炭酸水、レモン水と同じものです。この水素水には活性酵素(老化の原因、体のさびの原因)のパワーを弱くする力があるようです。しかもそれは悪玉にだけ作用するようです。

 

水素水の種類

水素水の製品にはアルミパウチの水素水、水素水サーバー、お風呂の水素水、水素水サプリ4種類です。近くのショップで探すと時間や余分な労力を使ってしまいますので、家にいて買えるネット通販のほうが断然便利でお得です。注意すべき点は水素の含有率です。特に規定がないのでメーカーによって水素水の含有率は違ってきます。やはり含有率の低いものより高いほうが良いとされているので、ある程度高いものを選ぶようにしましょう。

 

水素水の上手な飲み方

水素水は、ただ普通に飲めば効果を得られるというわけではないのをご存知ですか?水素水の力を十分に発揮させるにはどう飲めば良いのか。水素水に限らず、そのものの性質や特徴を知らないと、効果が半減されることってありますよね。水素はとても抜けやすい性質があります。なので元々は水素水であっても、時間が経つにつれ水素は段々と減少してしまいます。水素水を有効に摂取するのであれば、水素水を作ったらできるだけ早く飲む、そして容器に入ったものの開封後は、これも早めに飲みきるようにしましょう。

 

水素水を飲む量

健康維持のために水素水を飲む場合、1日1.5リットル飲むといいとされています。丁度人間が1日にとる目標水分摂取量も1.5リットルなので、飲み水を水素水に変えれば可能になります。ただ、コストの問題もありますので、水素水を500mlと1リットルの水に分けてもいいでしょう。しっかり規定量を飲むと体の中から健康的になるでしょう。しかし、こんなにたくさん飲めないという人もいるかと思います。その場合は水を冷やさず、常温で飲むとより多く飲むことができますよ。体に良いからといって過剰に飲みすぎるのもよくありませんので、自分の体調とも相談しながら適正量を摂取しましょう。飲み水だけでは摂取しきれない場合、お茶や煮物、汁物など料理に使用する方法もあります。
効率よく摂取することが大切ですね。

 

水素水を自宅で作るのと買うのどちらが得?

水素水を自宅で作るのと買うのどちらが得?水素水は様々なタイプの商品が発売されています。例をあげれば、水素水生成器やペットボトル、スティック状のものです。価格の幅も広く迷いやすいですが、今回は水素水の平均的な価格について説明してみたいと思います。

 

水素水サーバー

 

価格10万から20万弱(メーカーによって値段の差があります)

 

特徴 価格は高いですが長期的に利用することが可能なので、
長い目で見れば他のものに比べて安く、長期間しっかり水素水がとれるのでおすすめです。

 

ペットボトル

 

価格 一本あたり310ミリリットル、1ケース4320円

 

特徴 ドリンクの標準的な容器ですが別記事でもご説明した通り、
水素はとても逃げやすい性質があるので製造された時には水素がたくさん入っていても
飲むときどの程度入っているかもわからず、キャップを開けた瞬間から
水素は逃げだすので、ペットボトルはお勧めしません。

 

アルミ缶タイプ

 

価格 1本300ミリリットル 1ケース5580円

 

特徴 有名人も愛用しているこの商品は、水素量も多くなっています。
価格は若干高めですが人気のある商品です。

 

スティックタイプ

 

価格 1本3000〜5000円

 

特徴 水道水を使って自宅で水素水が作れます。
容器に水道水を入れ、水素を発生させます。
スティック1本で3カ月〜半年は使用できます。

 

プラズマ水素水⇒プラズマプラクシス

 

 

こうしてみるとたくさんの商品が販売されていますが、やっぱり手軽に水道水を飲むことができるアルミ缶タイプやスティックタイプがいいでしょう。

 

水素水は料理にも最適!水素水を料理で上手に使う方法

水素水は料理にも使うことができます。水素水の特徴をちょっとだけ知っておくことで更に水素水を有効に活用した美味しい料理を作ることができます。水素水は人の体に有効なものではありません。食材にも同じようなことがいえます。食材も酸化が原因でしなびてきたり、味や風味が失われていきます。水素水を料理に使うことで食材そのものの酸化を防ぎ、鮮度を保ち美味しい料理に仕上げられます。

 

水素水の有効活用方法

【水素水を料理に生かす方法その1】
時間の経った野菜や果物をシャキッとさせよう

 

スーパーや店で並んでいる野菜は収穫されてから最低でも1日は経っています。その食材を購入して自宅の冷蔵庫で更に保存をしておくと野菜や果物はしなびてきます。そこへ水素水に浸しておくと、水素水の水分を吸収しシャキシャキになります。通常の水でもシャキシャキになるのですが、その後保存した時の鮮度に違いがでてきます。水素水につけた食材もできるだけ早く食べるようにしましょう。

 

【水素水を料理に生かす方法その2】
古いお米をおいしく炊き上げよう

 

古いお米つまり古米でご飯を炊くとどうしても臭いやパサパサ感が出てしまいます。ご飯を炊く時の水を水素水にかえることで米本来の味を楽しむことができます。ふっくら感もアップして美味しくいただけます。

 

【水素水を料理に生かす方法その3】
煮物に味が染み込みやすくなる

 

水素水は、人間の体にも浸透しやすいのですが、食材にも浸透しやすいです。特に煮物に使用すると通常の水に比べ浸透しやすいです。

 

【水素水を料理に生かす方法その4】
飲み物も柔らかい味に仕上がる

 

コーヒーやお茶などの飲み物を作る時にも水素水を使用すると、味が柔らかい仕上がりになります。お茶の色も光沢のある美味しそうな仕上がりになります。

 

水素水を料理に使う時に気をつける点

 

@水素水は基本的に熱に弱い

 

水素水は沸騰させると水素が逃げ出してしまいます。水素水を使う時には熱に強い水素水を使うことです。通常の水素水しか手に入らない場合は、通常の水で料理を作り最後に水素水を少量加えてあげることです。
こうすると水素を含んだままの料理を作ることができます。もちろん通常の水素水を使っても天然水や浄水にかわるだけです。

 

Aコーヒーは苦みを消してしまう。

 

嗜好品であるコーヒーは人によって好みが分かれます。水素水を使うことで柔らかい味のコーヒーとなるのですが、コーヒーの苦みが好みという方は浄水でコーヒーを作った後に水素水を好みでいれるようにしましょう。